全画面表示を終了する

第2回

2022年05月13日

ツイートして応援しよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
絵師ムネチカ

絵師ムネチカ

さそうあきら

ただただひたすらに絵を描き続ける高校生、ムネチカ。その絵は人の心を捉える。頬を染める。魅せられる。そして蝕まれる。ムネチカが描き尽くす時、世界は――!?

ローディング中…
  • さそうあきら

    さそうあきら

    1961年、兵庫県生まれ。1999年に『神童』で、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞と手塚治虫文化賞マンガ優秀賞をダブル受賞。2008年には『マエストロ』で、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を再び受賞。2006年から京都精華大学、マンガ学部マンガ学科の専任教員に就任。2022年からは東京工芸大学で教鞭を取る。